scene.8

…… 志 月 ……

(………。   忍?)
 呼ばれたような気がして、志月は振り返った。
 灼ける様な陽射し。
 乾いた風。
 眼前に広がるのは、何処までも白い砂の海。
 細かく砕いた白石英を巻き散らかした様だ。
(また、俺は…夢を、見ているのだろうか……?)
 こんな風景が、現実であるはずが無い。
(ならば、これは夢なのだろう)

…… 志 月 ……

 陽炎の様に遠くで揺れる影。

( 忍 )

 風が白い砂を巻き上げる。
 その所為で、顔がよく見えない。

…… 来 る  な ……

(来るな…?)

 向い風に乗って、声が
 どういう事だと、影に一歩近付く。
 瞬間  

    ゴトッ…

 影の腕が落ちた。
 左腕だ。

…… 来 ちゃ  駄 目  だ ……

 もう一歩、近付く。

    ゴトッ…

 また、落ちた。
 今度は右だ。

(近付けば 近付く程、忍は 毀れる の  か   ?)

 怯んだ志月の、足が止まる。
 その時  
 まるで、その背中を押す様に、強い追い風が吹き付けた。

   だめ、志月。

 耳のすぐ後ろに、別の声が囁く。

…… 逃 げ、 て  志 月 ……

   逃げちゃ、だめ。

…… 来  ちゃ  い  け な い ……

 遥か前方と、すぐ後ろから、別々の声が響く。

   さあ、行きなさい…!

 背後から、ひと際大きな声が命じる。
 反射的に振り返るとそこには、忍によく似た面立ちの少女。
 少女は、忍と正反対の鋭い視線を持って、少女は遥か前を指し示したかと思うと、忽ち霧散して掻き消えた。

(今のは…)

『    』

 埋まらない空白を埋める名前。
 知っているはずの名前。
 大切な名前。

 しかし、志月が今呼ぶべき名前は  



前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++


PAGE TOP▲