scene.8

「え!? それじゃあ、昨日訪ねてきたのは  
 応接室に通され、現れた忍のクラスの担任を前に、二人の声は大きくなった。
「ええ。彼の家  即ち、そちらの顧問弁護士の方でしたよ」
 不思議そうな顔で、彼はそう言った。
 彼自身は忍に応接室へ行くように伝えただけ。
 その後も教頭の口から忍の早退を伝言されただけで、事情は一切分からないらしい。
「やられた…」
 志月は膝の上で固く拳を握りしめた。
「どういう事なんだ?」
 宏幸が首を捻る。
「母だ…。完全に先手を打たれた」
 弁護士を差し向けたのが自分の母親だということは、容易に推理出来た。
(俺の説得が無理と踏んで、忍の方を説得した訳だ)
 一方が困難であれば、もう一方を攻略  少し考えれば分かりそうな事だ。
 どんな交渉術で説得したのかは分からない。
 ただ、忍は帰ってこなかった。
 つまり、母親の目論見は成功したのだ。
「あの  
 その時、担任の声が思考を遮った。
「あ、何でしょうか?」
 志月は一旦思考を切って顔を上げた。
「今日、彼が欠席している事と何か関係が?」
 担任が、おもむろな様子で質問を挟んだ。
「いえ、こちらの連絡の行き違いで  擦れ違ってしまったんです。それで、もしかして登校しているのではないかと思いまして」
 志月は、どうとでも取れそうな言葉を慎重に選んだ。
「ああ、なるほど。お家の用事と言ってましたからね。行き違ってしまったのですか。それは大変です」
 担任は、そう応えながら、自分の言葉に頷いた。
「まあ、そんな処です」
 志月は当たり障り無く相槌を打った。
  今朝、彼から欠席の連絡を貰いましたが、その時、最初に掛けてきたのは彼ではありませんでした。私に繋がると、すぐに換って本人が出てきたのですが」
 一度ここで担任は息を継いだ。
「最初に電話を受けたのは事務の者で、私は一瞬しか相手の声を聞いておりませんが、多分、あれはうちのクラスの不動昌弘だったのではないかと思います。事実、彼も今日欠席しておりますし、一緒にいるのでは?」
 担任の言葉が、志月の予想に裏付けした。
 不動昌弘  
 口の悪い転校生。
(そいつが、忍と行動を共にしている)
 ようやく、彼の足跡を見付けた。
 膝に置いた手に、自然と力が入る。
「反対にお尋ね致しますが  私はお家の用事と伺っておりましたが、不動君も一緒に?」
 慎重な様子で、担任が再び口を開いた。
 やや訝しげな声だ。
「え? ああ、はい」
 疑問を持って当たり前だ。
 家の用事に、親族以外人間が同行するのか  しかも、学校を欠席してまで。
「あ、そうだ。それで、不動君にも用事があるのですが、あいにく忍君しか彼の連絡先を知らないんですよ。そこで二人ともはぐれてしまって、弱っています。不動君の連絡先を教えて頂けませんかね」
 宏幸が気の利いた質問を挟んだ。
 担任の疑問をかわしつつ、情報も手に入る。
 彼は、何気なく、ごく自然に、機転を利かせられる人間だ。
「そうですか。いえ、ご了承されているのであれば良いのです。まあ、うちのクラスは少々特殊ですので、できれば欠席は避けて頂きたいのは確かですがね。  不動君の連絡先ですか? 学生名簿でよろしければお持ちしますが? まあ、四月に配ったものと同じ内容ですが」
「ああ、すみません。よろしくお願いします」
 担任は頷き、一度席を外した。
 数分ほどして戻ってきた彼の手には、A5判の小冊子があった。
「明日は登校出来そうですか?」
 学生名簿を手渡しつつ、担任が言う。
「いえ  そうですね…今週一杯。すみませんが」
 まだ、解決が見えない。
 曖昧にして時間を稼ぐしかない。
「承知しました。
 ああ、それから…もう一人、同じクラスの坂口という生徒も欠席しているのですが、もしかして彼も一緒なのでしょうか?」
 担任の口から、聞き憶えの無い名前が出た。
 志月と宏幸は、お互いに顔を見合わせ、首を捻る
「いえ…その名前は、聞いていないですね」
「そうですか…。いえ、彼だけが無断欠席なので、気になりまして。
 失礼致しました。
 お話はそれだけですか?」
「はい。ありがとうございました」
 志月の返答を確認して、担任は静かに立ち上がった。
 二人も腰を上げる。
「それでは、失礼致します」
 応接室の前で担任と分かれた。
 神経質そうな背中を見送り、志月は踵を返した。
 再び、先刻入ってきた校門へ引き返す。
「さて…色々分かったな」
 志月は静かに溜息を吐いた。
  の、ようだな」
 しばらく沈黙していた宏幸も口を開いた。
「志月、詳しく説明してくれ。半分くらい話が見えなかった」
「そうか。説明しなければな。とにかく、件の不動昌弘  彼の家に向かおう。その道々に話す」
 やっと見えた、忍の足跡。
 その痕跡が消えないうちに、彼に追いつかなければならない。
 志月は駅に向かう足を速めた。
 宏幸もまた、それに合わせて早足になった。
(やっと、追いつく)
 否応なく、気が逸る。
(早く、誤解を解かなければ)
 彼が受けたであろう傷を、塞がなければ。
 そうでなければ  
(永久に、忍を失ってしまう)
 そんな気がしていた。

 眼前に、ほんの小一時間前降りた駅に続く階段が見える。
 しかし、それは同じ階段ではなかった。
 行き掛けには、暗澹たる気持ちと焦燥ばかりが一段一段にべったりと張り付き、進む先には暗がりしかなかった。
 今は違う。
 僅かながら、出口が見える。
 その細い光を見失ってしまう前に、進まなければ。
 志月は、その足を一層速めた。

前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++


PAGE TOP▲