scene.8

 夜遅くの報せと言うのは、およそ良くない報せが多い。

 静寂を引き裂いたのは、枕元に置いてあった携帯電話の、無機質な着信音だった。
 片手を伸ばして、携帯を手に取った。
 通話ボタンを押す。
「もしもし?」
 その時のそれも、やはり余り良い報せではなかった。
「そうっすか。はい…せやったら、明日」
 昌弘は、用件のみの短い通話を切り切った。
「昌弘? 今の電話、何かあった?」
 心配そうな顔で、忍が昌弘の顔を覗き込んだ。
「いや、なんもない  
 その視線を、昌弘は軽く払った。
「本当に?」
 疑わしげな声が返ってきた。
「少なくとも、お前には関係ない話や」

 昌弘の本当の目的は復讐だ。
 彼から全てを奪い去った炎。
 それを、放った人間がいる。

 戦前から存在し続けた花街。
 確かにそこに「在る」町は、公には認められていなかった。
 だから、正式な住所は無く、その町の名では、住民票も取れない。
 当然、戸籍も取れない。
 『存在しない町』だからだ。
 それでも、その場所で生活している人間は、確かにいたのだ。
 物の様に扱われながら、這いずる様に、生きてきた。
(いつも、『いつか出てったる』思てた町やけど)
 昌弘の拳に力が入る。
(碌でも無い町やて、いつも思てたけど)
 それでも、無くなってしまえなど、思った事は無かった。
 存在そのものが違法だとしても、そこは確かに故郷だった。

 だから、たった一人で仇を討とうと決めた。

  ? 昌弘? やっぱりどうかした?」
 黙り込んでしまった昌弘に、再び忍が声を掛けた。
「いや、だから何も無いゆうてるやん」
「嘘だ。何か隠してる。転校してきた時から、ずっとおかしかった」
 彼は、時々妙に鋭い事を言う。
 昌弘は答えを一瞬躊躇った。
「俺は、昌弘に何もしてあげられないのかな…」
 今、質されたのは、昌弘の本当の秘密。
 それを告げてしまうと、もう後戻りは利かない。
 確実に忍を巻き込んでしまう事になる。
 それは、昌弘の本意ではない。
 彼は、関係無い。
 いや、本当は  
(ほんまは、無関係とちゃうんよなぁ…)

 彼が欲している、彼の過去。
 失くしてしまった彼の『中身』が、同じ場所に隠されている。

 当時、町全体がある犯罪に関わっていた。
 その事実を知る者はごく僅かだ。
 大半の人間は、知らない間にそれに加担させられていた。
 その証拠を全て隠滅する為に、町は焼かれたのだ。

 その渦中で、『幸也』の両親は姿を消した。
 彼自身も、本当は無関係では無い。
 それどころか、忍自身がその犯罪の事実を知る、唯一の生き証人だ。
 昌弘は人から話を聞いただけで、実際にその現場を知らない。
(まあ、本人の記憶が曖昧やし、証人としての能力は無いやろうけどな)
 しかし、能力の有る無しはこの際関係無い。
 問題は、相手が今も『幸也』を捜していると言う事だ。

 告げずに済むならそうしようと思っていた。
 しかし、もはやそれも難しいのかもしれない。
 皮肉な話だが、『幸也』を連れ去った学生  彼の庇護下ならば、安全は守られたのだろう。
 東条志月という人物は、何をどう細工したのか『幸也』という子供の痕跡を跡形も無く消し去った。
 そして、高い城壁の中へその存在を封じ、結果として、それが忍を守っていた。
 それが、再び城壁の外へ飛び出してしまった今  彼を守る者はもういない。

 今はもう、知らないままでいる方が、より危険なのではないだろうか。

 昌弘は、意を決してロを開いた。
「幸也、自分の事て知りたいか?」
「俺の事?」
 問われた本人は、意味が分からないのか首を傾げている。
 とうにテレビのタイマーは切れ、静まり返った部屋の中、聞こえてくるのは遥か地上の車の音と、目の前で怪訝な顔をしている幼馴染の微かに息を吐く音だけ。
 それらが却って沈黙を際立たせた。
「お前が一番知りとぉて、一番知らん方がええ事や」
 昌弘自身も、その中身を全て知っている訳ではない。
 忍自身の事。
 彼の両親の事。
 あの町ごと焼き尽くされた秘密。
 それは、過去に置いてきた小さなブラックボックス。
「……知りたい」
 短い答えが返ってきた。
 暗がりの中で表情は読み取れなかったが、その声からは迷いの無い響きが伝わってきた。


  過去と現在を繋ぐ為に

  明日を歩き始める為に


 小さな決意が伝わってきた。

前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++


PAGE TOP▲