赫い夜

scene.0

  赫い 夢 を 見ていた。

 明滅するネオン。
 酒精の下僕達が笑う甲高い声。
 夢の中で、忍は、夜の歓楽街を必死に走っていた。
 得体の知れない恐怖が、走り去る彼の身体を覆う。
 何から逃げているのか、何処へ向かって走っているのか、分からないまま走っている。
 駆ける忍の視界の端に、月が飛び込んできた。
 やけに大きな満月は、まるで血が滲んだ様に赫い。

月ガ 追ッテクルヨ
ドコマデモ
月ガ
赫イ 月ガ 追ッテ クルヨ


 赫い月が、忍の背中を追いかける。
 明滅する赤と青。
 エチレン灯の下で、失われてゆく顔の色。

  これは、夢だ。

 自分は今、夢の中にいるのだ。
 忍にはその自覚があるのに、足をとめる事が出来ない。
 本能が鳴らす警鐘のままに、ひたすら逃げ続けていた。


走れ。

走れ。
走れ。
走れ。

此の夜から逃れる為に。
月に食べられない様に。


  赫い夢の中を ただ 闇雲に 走り続けて いた 。



next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++


PAGE TOP▲