12月24日 ― 志月 ― Ⅰ

scene.1

 車を車庫に入れ、自宅の扉を開いたのは、深夜の一時を少し回った頃だ。
 志月の精神状態は最悪だった。
 服用している薬の所為で、頭は何処か靄が掛かってぼんやりとしている。
(今、俺の前にいるのは誰だ?)
 篠舞なのか。
 忍なのか。
 境界線は失われ、二つの像は分けられない程溶け合っている。
 はっきりさせようとすればする程、思考にノイズが走る。
 そこに在るものを確かめたくて、彼の身体を抱きしめた。
 腕の中にじわりと体温が滲む。
 その存在はとても希薄だった。
 まるで、そこには無いものの様に感じてしまう程、遠い。
 強く握った手を少しでも緩めてしまうと、存在そのものが消えてしまいそうだ。
 不安感に苛まれ、志月はより強く細い身体を掻き抱いた。
 忍が、少し息苦しそうに眉を顰め、身を捩った。
 しかし、それには構わず、志月はそのまま無造作に寝台の上に転がり落ちた。
 いつもされるがまま抗わない忍が、本当に生きているのか、本当は死んでいるのか、もう志月には分からなかった。
 確かに生きている事を確かめたくて、尚の事彼に触れる手が乱暴になる。
 彼がそれを受け止めようとして、余計に気配を消してゆく。
 それを、二人は延々と繰り返している。
 悪循環だ、と分かっていた。
 酷く呼吸を乱されながら、とうとう堪え切れなくなった忍が、志月の身体に腕を絡め付けてきた。
 志月の背中に深く爪を立て、目の淵に涙を滲ませ、何かを堪える様な顔をして  
 それでも、一言も否とは言わない。
 ただ、振り落とされまいと、しがみ付いてくるだけ。
 次第に、お互いの呼吸が溶け合う様に同調する。
 その体温を得て、志月は彼が生きている事をやっと識る事が出来た。
 いつだって、泣かせたい訳ではなかった。
 それでも最後はいつも、泣かせていた。
 声にならない叫び声だけが、微かに彼の存在を訴えていた。
 そんなものにしか、もう安堵を得る事は出来ないのだろうか。
 いつから、こんな風になってしまったのだろう。
 いつでも、後悔と罪悪感が志月の心の裏側には潜んでいる。
 徐々に熱が引くと今度は、奇妙な浮遊感を伴う強い眠気に襲われた。
 明らかに薬の所為だ。
 寝台の下に散らかされた衣服を拾い上げる余裕は、もう残っていなかった。
 ただ、己の腕の中の体温に全神経を集中させ、固く目を閉じる。
 しかし、眠りさえももう志月にとっては安息ではなかった。
 その中にあるのは、取り戻せない時間と深い後悔。
 再び落ちてゆく無意識の海で、彼は最後の記憶をゆっくりと辿り始めた。


前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲