六年前 ― ゆき ―

scene.1

 クリスマス会で思わぬ失態を演じてしまった後、忍はしばらくの間北尾家で休憩させてもらっていた。
 日付が二十三日から二十四日に変わる頃、志月が忍を迎えに北尾家を訪れた。
 忍は今、帰路を辿る車の中にいる。

 北尾が、最後までに丁寧に志月の車を広い通りへ誘導してくれた。
 そして、ルームミラーに映った北尾の姿は、そこに映らなくなるまで微動だにしなかった。
 その律儀な見送り方が、何とも彼らしい、と忍は思った。
 カーステレオから、かなり抑えた音で歌が流れていた。
 耳を澄まして聴いていると、辛うじてそれが『天国への階段』だと分かった。
 ラジオは洋楽チャンネルになっている。
 華々しいネオンがやけに空々しい。
 幾つかの信号に引っ掛かり、何度か車は停止した。
 車が走り出してから、志月は一言も喋らなかった。
 忍はぼんやりと信号の数を数えていた。
 やがて、ネオンの群れを抜け、信号と信号の間隔が開き始めた頃、ふと北尾との会話を思い出した。
(そう言えば、先輩は完全に千里が家出だと思い込んでるみたいだったな)
 しかも、それが自分の所為だと思い込んでいる様だ。
 追求されなかったのは助かったが、あの落ち込みようを見てると少し気の毒だった。
 最初はひどくアレルギー反応を起こした北尾のお節介にも、いい加減慣れてきた。
 慣れてくると、何処か憎めない人物だと思う様になった。
 『またおいで』と、親子で見送ってくれた様子が妙に暖かく、くすぐったかった。
 気付けば、本当にそんな機会があれば良い、そんな事を願ってしまう自分がいた。
 僅か数日の間に随分流されたなと、驚き半分、呆れ半分の気持ちだった。
 彼本人と、そこから想像に難くないあの家の中の空気。
 それは、忍に微かな痛みを感じさせたけれど、嫌いではないのだ。
 ただ、その空気の中に忍が溶ける事は出来ない。
 透明なガラスが隔たっている様に、それは交じりえない。

  それだけの事。

 だが、北尾もいずれ今回の事件の顛末を、千里の口から聞くだろう。  いずれ、彼を解放する時が来るのだから。
(だから、今日みたいな事は最初で最後だ)
 そう思うと少し寂しい様な気もしたけれど、今更どうにもならない。

  もっと早くに気付く事が出来たら。

 いや、もっと早くに気付いていたなら、同じだけ早く、同じ様に後悔したのだろう。
 全ては、忍がそれに気付く為に必要な痛みだった。
("寂しい"か  
 それが、その痛みの名前だった。
 忍は、自分の中にそんな気持ちが残っていた事が不思議だった。
 もう随分と長い間、五感の全ては麻痺したまま過ごしてきた。
 わざとそうしてきたのか、自然にそうなっていったのかは忍自身にも分からない。
 壊死してゆく自我を、他人事の様にただ眺めていた。
 喰い荒らされて消えてゆく自分自身を見ていた。

 もう自分は何処にも残っていないのだと、思っていた。

  それなのに、

 "寂しい"が、残っていた。
 呼び覚まされた、最後の感情。

 それは、
 心のずっと奥の方で、

 声を殺して泣いている子供を、

 ゆっくりと、

 喰い殺していった、

 最後の、

 獣の名。  

 掠れた高音域の歌声に耳を撫でられながら、まだ醒め切らない酒精に導かれ  
 忍は、緩やかに無意識の闇へ滑り落ちていった。


前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲