scene.3

 二人が現地であるアジア系の居酒屋に到着したのは、宴の始まる二十分前だった。
 着いた時は北尾と忍は二人きりだった。
 その後ぱらぱらと現地集合組みが集まり始め、開始時刻の七時ジャスト、町田に連れられた残り五~六人が入店し、全員が集まった。
 宴会は十五人程の集まりで、座敷を一室貸し切って行われた。
 自分以外に面識のある人間のいない忍を、北尾は自分の隣に座らせた。
「あの、今更ですけど、どういう集まりなんですか?」
 こそっと、遠慮がちに忍が訊ねて来た。
「ん? どういうって程でもないんだけど、中等部のときの部活仲間に、それぞれのツレがくっついてきた感じかな? 千里も、いつもはもちろん参加してるし、そのツレの城野も時々混じってたり、OBが来ることもあるよ。こういう集まりっていう決まりはないかな」
 特に決まりの無い集まりなので、北尾はその様に答えた。
 友人の友人が紛れ込む事なんてザラにある。
 そういう飲み会だからこそ、町田が声を掛けた時、敢えて止めなかったのだ。
「あー! ほんとに来てくれたんだ!! 嬉しいねえ! まあ、飲みねえ」
 開始間もないと言うのに、既に出来上がってるかの様な陽気さで現れたのは町田であった。
 忍に空のグラスを持たせると、手に持っていたビールをなみなみと注いだ。
「ささ、飲んで飲んで」
 北尾は、止めるべきか否か一瞬迷った。
 何しろ、忍の許容範囲が分からない。
 しかし一杯目から止めるのもどうだろうか、などと考えているうちに忍が注がれたビールを飲んでしまっていた。
「ニガ…」
 一口飲んだ後、思わず彼が洩らした一言に、町田が大笑いした。
「なに、ビール飲んだの初めて!?」
「お酒自体初めてです」
 やっぱりそうか、と北尾は思った。
 あの環境を鑑みるに、高校生に飲酒を勧めるとは到底思えない。
「うわー! すごい希少価値!! 北尾、どこからこんな深窓の令嬢見つけてきたんだよ!?」
 忍を挟んで北尾の反対側に座っている二年生が、けらけら笑っている。
(こいつも既に出来上がってんな)
 酒の席なのだから一向に構わないのだが、それにしても、早過ぎる。
 まだ店に着いてから一時間も経っていないのだから。
「もう、どこでもいいだろ! お前ら、真面目な後輩からかうんじゃねーの! 東条も、飲めないんだったら、あんまり無理な、呑み方するなよ?」
 さり気なく、北尾はビールの注がれた忍のグラスを、ウーロン茶のグラスと交換した。
「あ、ハイ」  飲み慣れていない後輩は、北尾の言葉に素直に従った。
 ビールん苦味自体も受け付けなかった様だ。
「北尾くーん? 今日は無礼講よーん? ブレーコー! キミはぁ、こういうオカタイおじさんなんか横に置いといて、記念すべきアルコールデビューにしちゃいなさーい!」
 北尾と忍の間に割り入る様に町田が入ってきた。
 宴席一周お酌の旅を終えてきた彼は、先刻より更に出来上がっている。
「コラッ! 町田!」
 北尾が制するのも振り払って、町田は忍の前にピンク色の飲み物が入ったグラスを置いた。
 ビールのグラスより、背が高い  カクテルグラスだ。
「苦くて飲みづらいなら、こういうのならいけるっしょ!」
「町田!」
「北尾うるさい。  ま、飲んでみ?」
  それじゃあ…」
 半ば気圧された様子で、忍がグラスに口を付けた。
 ビールに較べて口当たりが良かったのだろう。
 あっという間に半分程呑んでしまった。
「よしよし。そのちょーしそのちょーし!」
 満足げに頷くと、町田はまた巡回を始めた。
「おい、本当に無理するなよ」
 北尾は忍に耳打ちした。
「これなら俺でも呑めます」
 忍は、まるでジュースでも飲んでいる様な勢いでグラスを空けてしまった。
(まさか、酒だって気付いてないんじゃないだろうな!?)
 北尾は、アルコール初心者のペースから逸脱しそうな忍に危機感を覚えた。
「いや、味のことじゃなくて  
 アルコールの量の話だ、と言いかけた処に数人割り込んできて、北尾の言葉を遮った。
「飲んでる?」
「グラス空いてるじゃん」
「甘いの好きだったら、こっちのもウマイぞー」
 数種類のカクテルが忍の前に並べられた。
 グラスの形状からして、町田が持ってきたものよりもアルコール度数の高いカクテルばかりだ。
(おいおいおい、危ないって!)
 北尾が止めるよりも早く、忍が二杯目のグラスを煽った。
 それもまた、結構な勢いで。
「東条! それ全部カクテルだぞ!? ビールよりキツイ酒なんだからな!」
 北尾が慌ててグラスを取り上げたが、もう遅い。
 とうにグラスは空になっていた。
「…え? 食べ物…ちょっと味が濃かったので、喉渇いてて…カクテルなんですか? 飲みやすいから、てっきりお酒じゃないと思っていました」
 既に、頬に赤みが差している。
  にも関わらず、彼はしっかり三杯目のグラスを手に持っていた。
「ほら、ヤバイって」
 北尾が忍の手からグラスを取り上げる。
「ヤバイんですか?」
 忍の顔がとろんとしていた。
「ヤバイよ!」
「そんな事より、暑いですよね…この部屋」
 そう言って忍は、後に下がると、座敷の壁に背中をくっつけた。
 いよいよ、酔いが回ってきた様だ。
 そのまま俯いて、膝を抱えてしまった。
(マジで今日、こいつおかしいぞ)
 おかしい、と言い切ってしまえる程親しい訳ではないが、その北尾にも今日の忍が普通ではない事は分かった。


前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲