scene.4 first anniversary

「あっ、やきそば! そういや夕飯食べてない」
 七海が夜店の前で立ち止まった。
「あ、じゃあ少し何か腹に入れましょうか。一応ウチに戻ったら、姉貴が何か作ってると思うんですけど」
「え、そうなんだ。じゃあ、早く帰らなきゃ申し訳ないな」
「いや、別に起きて待ってる訳じゃないですから。せっかくです、夜店の方を楽しみましょう」
「いいのか? そんなんで」
「ええ。そこの休憩所にでも座ってて下さいよ。適当に何か買ってきますから」
 そう言って要は、小腹を慰めるべく焼き物の夜店を何件か回った。
 やきそば。
 いかやき。
 おでん。
 フランクフルト。
「こんなもんかな。あ、後はビールだ」
(あ、そうだ…)
 それと  
 即席ではあるが、この誕生日に華を添えるちょっとしたアイディアが浮かんだ。
 そして、10分後。
 両手一杯の食べ物を抱え、七海の許へ戻る。
 彼は、所在無げに祭りの喧騒をぼんやり眺めていた。
「お待たせしました」
 要の声に、弾かれたように振り向く。
「早かったな」
「そうですか? はい、まずビールです」
「サンキュ」
「それと、この辺りは食事で  
 やきそば。いかやき。おでん。フランクフルト。
「うわっ、また、随分たくさん」
「ええ? 多いですか?」
「何人で食べるんだよ」
 七海が呆れた顔で笑った。
「えーっと、それから…ですね」
 要は、ここで居住まいを正した。
「?? まだ何かあるのか?」
 そう。
 肝心のメインが。
 袂にこっそり隠していたあるものを、そっと差し出した。
「誕生日、おめでとうございます。バースデーケーキは間に合いませんでしたが、どうぞ」
 名前入りの鼈甲飴だ。
 七海が言うところの厄払いも兼ねた、誕生祝である。
 この短時間で、これが要に思いついた精一杯だった。
 しかし。
 ……………………………。
 反応が無い。
(しまった。やっぱりいい大人がガキっぽかったかな…)
 急に不安になった。
 これが、例えば教授みたいな人物なら、小洒落たバーで粋なカクテルに花でも添えたりするのかもしれない。
 そして、『正式なプレゼントは日を改めて…』などとスマートに進める場面なのかも…。
(考えたら、飲める店って案だってあったよな…)
 今更言っても、それこそ『後の祭り』だが。
「あの…?」
 沈黙に耐えかね、要は七海の顔を覗き込んだ。
「いや、その…急だったから  別に、気ぃ遣わなくて良かったのに」
 ほとんど独り言のような小さな声で、七海が呟いた。
「でも、せっかくの誕生日ですから」
 気を取り直して、そんな言葉を掛ける。
 日付の変わる直前とは言え、知ったからには知らない顔など出来ないではないか。
「この歳になると、そうめでたくもないけど」
 そう答えた横顔は、よく見れば、耳まで真っ赤っ赤である。
 別に、ハズレではなかった様子に内心安堵した。
「本当なら、もうちょっと格好付けたいところなんですけどね」
 苦笑いを浮かべて、そんな強がりを返す。
 参道はまた、参拝客の無秩序な賑わいに彩られている。
「お前が、小さい祭りだって強調するから、もっとこじんまりしてるのかと思ったら、結構派手じゃないか」
 人混みを歩くうちに乱れた浴衣の裾を直し、七海が言った。
「ここらへんは下町で、昔からの人間が土地を離れないんです。だから、小さいなりにも盛り上がるんですよ」
「そうか。  僕の田舎の方は、あまりそういうものは無くてね。
 諏訪の御渡りとか、浅間神社とか、観光メインの大きな祭りはあるんだけど…あんまり『地元の』って気分じゃなかったかな」
「へえ…。田舎の方がもっとしっかり根付いてるようなイメージですけどねぇ」
「まあ、どっちかって言うと開拓民の多い地域だからね。意外とそんなもんだよ。
あるものって言ったら、温泉と、日本一高い標高の駅に、天文台  くらいかな」
 そう言ってはにかんだその笑みは、存外その『何も無い田舎』を、彼が愛しているのだと示しているようだった。
「温泉はいいですねぇ。こう毎日慌しくしてると、たまにはそういうところでまったりしたいです」
 小さな町医者の息子として育った要は、家族旅行に出掛けた記憶がほとんど無い。
 医者である父親は勿論、看護師  当時は看護婦  だった母親も、診療所を空にするのを嫌がった。
「何だ、相変わらず言う事がじじむさいなぁ。
…………。
 じゃあ、来るか? うちの実家。
 温泉ならそこら中にあるし、銭湯くらいの値段だし、宿泊だってうちに泊まればタダだし」
 呆れたような声で、でも顔は笑って、七海がさらりとそんな事を言った。
「マジですか!? いいんですか!?」
 実家。
 その一言に、思わず腰が浮く。
 竹で作られた縁台が、ガタンと音を立てた。
 実家へ行くという事は、ご両親にご挨拶  とか、『別に今誰もそんな話はしていない!』とツッコミが入りそうな事が一瞬頭を駆け巡った。 
「何そんなハネあがってんだ。今日も招待してもらったし、いいよ。温泉くらい」
 案の定、相手の方は全く他意の無い様子でおかしそうに笑っている。
(ま、そうだよな。そんなもんだ)
 恋人の実家へご挨拶に上がるという、典型的なシチュエーションを思い浮かべてしまった要は、自分で自分に苦笑いするしかなかった。
「…でも、二人揃って泊り掛けで出掛けられるような休暇、くれますかね?」
 万年人手不足の現場である。
「あー…まあ、そうだなぁ。正月休みかお盆休み  1週間ずつ貰えるはずだから、その時、お互いの休暇を前後半で半分ずつ被せるとか…かな。
 中央道3〜4時間も走れば帰れるところだから、何とかなるだろ。
 遠藤は、乗馬やテニスすんのと、スキーとどっちが良い?
 冬と夏、どっちにするか、それで変わってくるけど」
「いや、その辺は別にどっちでも…お任せしますけど」
 と言うより、そんなものは何も無くても良い。
 本当に二人で旅行に行けるなら。
「じゃあ、正月にしようか。今年のお盆休みはもう決まっちゃってるしな」
 意外と具体的にプランを立てる横顔は、結構本気のようで、少しこそばゆいような気持ちになってきた。
「あの  
「何?」
「ホントに?」
 思わず確認してしまう。
「まあ、正月休みって言っても、どうせ2月くらいになるんだろうけど」
 本当に本気らしい。
「楽しみにしてます。冬休み」
 要がそう言うと、七海は『ただの田舎だからな』と、気恥ずかしそうに目を逸らした。
「でも、先の話はまた次という事で  今日は、おめでとうございます」
 ふと腕時計に目を落とせば、後3分で日付が変わるところだった。
「だから、そんなめでたいトシじゃないって  
 そう言いながら、頬を朱に染め、七海は要を睨んだ。
 そして、ふいっと顔を逸らして、『ありがとう』と、小さく呟いた。

 7月29日。
それは、要が七海と出会って、最初の記念日。


前頁ヘ戻ル before / The end.

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲