scene.15 葛藤の行方

 考えてみれば、一緒に風呂に入るなどというのは初めてだ。
 温泉に行くような機会も無ければ、そもそも二人で遠出をした事も無い。
 改めて、その事実に要は気付いた。
 当然、銭湯に行く用事も無い。

 大人が二人、ゆうに足を伸ばせる浴槽。
 浴槽の倍の広さの浴室。
 七海の言うとおり、確かにこの風呂はやたら広い。
「ムダに広い分、声がすごい反響するんだよ、この風呂。ホラ、こんな感じ」
 こんな感じ、と言った声にエコーが掛かる。
「何を小学生みたいな…」
 さっきまでのムードはどこに行ったのだか。
 すっかり七海は素に戻っている。
 今は、二人してただ浴槽に浸かっているだけだ。
 少し期待していただけに、残念感が漂うのを否定出来ない。
「遠藤の声、低い」
 要の心中など係りない様に、七海が言った。
 そして、浴槽の湯を揺らせてその背中を要に預けてくる。
 無邪気と言うか、無頓着というか、無防備と言うか。
 そんな身体を、要は両腕で支えた。
 そして、脇腹の横に腕を通して、前で結ぶ。
 その限られた輪の中に、七海を入れて。
「そう、ですかね? あんまり自分の声なんて気にしたことが無いですけど」
「なんか、安心する。落ち着いてて」
 湯の中に散る七海の髪が、要の鎖骨に掛かって、皮膚をくすぐっている。
「安心?」
「ホッとする。何て言うか…お前はいつも安定してて、グラついたりしないから」
 思いがけない言葉に恐縮しつつも、あまりにも現実とかけ離れたその評価を、要は慌てて訂正した。
「何言ってんですか。いつだってグラついてます。今回だって…」
  朝日に乗り換えようかな、って?」
 要の言葉を途中で掠め取って、七海はおよそ冗談らしからぬ声で続きを作った。
「何をバカなこと言ってるんですか! 傷付きますよ、ホントに」
 思わず腕に力が入ってしまった。
 その手を、七海が掴んだ。
「怒るんじゃなくて、傷付くところが遠藤らしい」
「そんなこっちゃなくて…。でも、俺は、朝日はてっきり七海さんを好きなんだって思ってましたから」
「はは。そりゃ、朝日も救いが無いな」
「茶化さないで聞いてくださいね。…そん時、俺は俺で考えてたんです。七海さんが許してくれるのをいい事に、好き放題してるのはどうなのか? 本当は七海さんだって男なのに、俺は女の子みたいに扱ってる。それは、どうなんだろうって、   」
 要の言葉を切るように、七海が指先を甘噛みした。
「いまさら?」
 口を離した七海が、おかしそうに言った。
「だって…朝日が七海さんを好きで、七海さんがそれを受け入れるなら、その方が…世間的にはスタンダードじゃないですか」
 ずっと抱えていた、要の迷い。
「ほんっとに、今更…」
 七海は、掴んだ要の手の指と指の間に舌先を這わせた。
 柔らかく濡れた感触に、その場所が熱くなる。
 濃い色のインクが滲む様なその感覚は、ダイレクトに中枢に響いた。 
「今更、ですか…?」
 心中の葛藤とは裏腹に、肌と肌は吸い寄せられてゆく。
 抗いがたい衝動に、身体の半分を支配されてゆく。
「でも、スタンダードって物言いがお前らしいな。……でも、僕は別にスタンダードじゃなくて、いい」
 いつもの、妙に迷いの無い声がきっぱりと答えた。
 その声こそが、安定している。
 いや、要を安定させている。
 要は、空いている方の手で、ゆっくり七海の下腹部を撫でた。
 七海の身体が一瞬固くなる。
 約1ヶ月ぶりに触れる肌。
 それは、今やすっかり要の手に馴染んだ肌触りだ。

 輪を解いた手を、静かに七海の身体に滑らせる。
 余すところ無く、そのカタチを確かめるように。

「…俺も、ズルイですね。七海さんは多分そう言ってくれるだろうって、計算してる」
 相手の答えは分かっていて、それを言わせたい  なんて。
 どれだけ子供じみているのか。

「…それで、い  

 詰まった息の隙間から、短い答えが返ってきた。

 "答え"と、"応え"を感じながら、先へ進める。


前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲