七海の長い沈黙。
 要は逃げ出したい気持ちで、その判決を待った。

「ああ…何だ」
 やがて、拍子抜けした顔で七海が呟いた。
「何だ…って」
 憑き物が落ちた様に、七海の怒りが沈静化していた。
「そういう事か…。総務ね。なるほど…」
 何か彼の中で腑に落ちるものがあったらしい。
「何か、心当たりあるんですか!?」
 身に覚えがある様子の七海に、今度は要がショックを受ける番だった。
「あー…。ん、まぁ…。
 この部屋の名義が渡辺教授っていうのは、本当だから」
 気まずそうに、七海がチラッと要の顔を覗いた。
「え? ええ?? えええええええっ!?」
 思わず、要はフローリングの床を掌で擦ってしまった。
(これが、教授の部屋!?)
「ごめん。まさかその事がそんな噂を呼ぶなんて、考えても無かった」
 七海もまた、困惑した顔をしている。
「どういう事なんですか!?」
「僕、実家が長野だから、こっちで働く為に、この部屋を渡辺教授から借りてるんだ。
 言っとくけど、ちゃんと家賃は払ってるんだぞ。…まぁ、格安だけどな。
 三年くらい前までは教授自身が住んでた部屋だし、名義も勿論教授のものだし、総務の人も僕の住所見て"アレ?"って思ったんだろうなー。 でも、言い訳するつもりじゃないけど、僕は女医じゃないし、そんな噂が立つなんて、考えもしなかった」
 七海の発言に、要はますます混乱した。
 この部屋が、貰い物ではなく単なる賃貸物件だった。  それは良いとしよう。
 では、何故七海はこの部屋を教授から借り受ける事になったのだろうか。
 ERのエースだから?
 それならば医局長もまたERの大切な柱だ。
 彼は一時間掛けて車で通勤している。
 地方出身者だから?
 そんな人間は、院内にゴマンといる。
 というより、地方出身者の方が多いくらいだ。
「あの…根本的な疑問なんですが、常盤木先生と渡辺教授って、どういう関係なんですか?
 まさか…やっぱり、愛人…?」
「違う!」
 再び同じ疑惑を口にした要に、さすがに凶器は持っていなかったが、結構な勢いで平手が飛んできた。
「痛ぇっ!」
「痛くしてんだ、バカ!!」
「じゃあ、一体どういう関係なんですか」
 平手で打たれた頬をさすりつつ、要は問い質した。
 その問いに七海は、一瞬困った顔を見せ、要から目を逸らした。
 そのまま彼は困惑した様子で、数十秒に渡り沈黙した。
「……。絶対、誰にも言わないって約束するか? ERで知ってるの、医局長だけなんだけど」
 逡巡の末、七海は真剣な顔で要に口外無用を守れるか、と質した。
「はい、絶対言いません」
 要は、はっきりそう明言し、七海の口許に耳を寄せた。
 釣られて七海も声を潜めて話し始めた。
 部屋には二人きり  他に聞く者もいないのに、人は内緒話をしようとする時、何故この様な動作をしてしまうのだろう。
「本当に内緒だからな」
 再三、七海は要に念押しをした。
「はい、約束は守ります」
 要はもう一度はっきりと約束を返した。
「教授は、僕のはとこなんだ。僕の母親と教授がいとこなんだよ」
 急転直下。
 まさにその言葉通り、世界が180度回転した瞬間だ。
「……え、親戚なんですか!?」
 要は、七海の身内に医療関係者はいない、と聞かされていた。
 だから、 変な噂が立たない様に、尚更気を配っていたのだが。
 それが、ER室長の親戚とは。
「そう、親戚。でも、そんなの知れ渡っちゃうと色々面倒じゃないか。だから内緒にしてるんだよ」
 七海が深く溜息を吐く。
「いや、そりゃ、まあ…」
 教授の心象を良くするべく、七海にまでおべっかを使う人間も現れるだろう。
(まあ…確かにそういう学閥がどうのっていうの、常盤木先生は煩わしいだろうな…)
 要は、七海がそれをオフレコにしていた理由は、理解出来るものではあったが。
 それにしても。
「特に、お前には知られたくなかったな」
 ぽつりと、七海がそう付け足した。
 その一言に、要はカチンときた。
「何でですか。むしろもうちょっと自分の事を話してくれてもいいくらいですよ!?」
 反対に、自分にくらい教えてくれていても良かったのでは、と思った要は、七海を問い詰めた。
「…だって、そんな事知ったらお前さ、ますます僕に逆らえなくなるじゃないか。地位利用してるみたいになるのは、嫌だ」
 七海が困った顔をして、俯いてしまった。
「地位利用って…」
 何の事だか、要にはぴんと来ない。
「だって…ただでさえ、研修医なんて指導医には逆らえないのに、この上教授の身内なんて聞かされたら、身動きできなくなるだろ?  逆らったら出世できなくなる感じ、するじゃないか…」
 珍しく七海が項垂れている。
「アンタ、そんな下らない事考えてたんですか!?」
 恐ろしく見当外れなところで気を遣っていたらしい七海に、要は少し呆れた。
「下らなくて悪かったな。
 でも、最初は真剣に悩んだんだからな、これでも!
 右も左も分からない新卒捉まえて、こんな事やってたらマズイんだろうな、とか  逆らうに逆らえないんじゃないか、とか…」
「普通、下に敷かれてる方は考えないですよ…そんなの」
 要は呆れ顔で答えた。
「仕方ないだろ。僕の方が立場が上だったし、ERでもどれだけ無茶させてもお前は絶対逆らってこなかったし、もしかして、その延長だったら…とか」
 七海が不貞腐れた顔で横を向く。
「いくらなんでも、仕事の延長で上司と寝れませんよ!
 それこそ、さっきのアンタの言い草じゃなけど、俺がそういうキャラに見えるんですか?」
 自分はあれだけ怒ったくせに、何を似た様な事言い出すんだ、と要は呆れた。
「分からない」
「何でですか」
「最初に、遠藤の気持ちを確かめなかったから、分からない」
 困った顔で目を伏せてしまった七海のその言葉に、要の心臓が跳ね上がった。
「"最初"って  
 記憶が曖昧になってしまっている、"きっかけ"。
 これだけ七海が困っているという事は、やはり自分が何か彼に無理を強いたをしたのでは、と 要は背筋が冷たくなった。
「やっぱり憶えてなかったんだな」
「え?」
 要が返事に窮していると、今度は七海が呆れた顔で溜息を吐いた。


前頁ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲

+++ 目次 +++ 

    本編
  1. 嘘の周波数
    scene.1
    scene.2
    scene.3
    scene.4
    scene.5-1
    scene.5-2
    scene.5-3
    scene.6
  2. Ancient times
    夏祭り SS
  3. 抗体反応
    After&sweet cakes SS
  4. 依存症 [連載中]
    番外編
  1. 真実の位相
  2. 二重螺旋
    企画短編
  1. 50000Hit記念
    Stalemate!? SS

拍手してみる。