除細動に成功し、危機的状況はとりあえず去った。
「じゃあ、エピネフリンを静注で一分間に1mgずつ入れて、三分間。研修医、今のうちに表皮の裂傷を縫合して。…と、針、持てるか?」
 傷口や術式によって開かれた箇所を縫合するのは、基本的に要の仕事になっている。
 しかし、七海はいつもどおりの指示を出してから、噛み付かれた右手の指を思い出したらしい。
「ちょっと痺れてますが、折れてはなさそうです。無理だと思ったら、無理せず交代してもらいます」
 ひらひらと右手を振りながら、要は、少しだけ強がってみせた。
「…そ、か。分かった。じゃあ、お前に任せる」
 そう言って、七海が患者から離れた。
「小沢さん、縫合始めたいんで、麻酔の確認と輸液の監視をお願いします」
 目の前に残った小沢に声を掛けた。
「あいよ。傷口がどこか、マッピングできてるんだろうな? 遠藤ちゃん?」
 もう小沢も、いつもとかわらないのほほんとした麻酔医に戻っていた。
「ハイ。とりあえず縫合が必要な箇所は  
 要は、搬送直後の診断時に見つけた負傷箇所を告げた。
「ほぉ、優秀優秀。んじゃ、麻酔の調整と行きますかぁ」
 約十秒後、小沢が親指を立てた。
「おっけーよん。患者さん、スタンバイ」
 小沢のゴーサインが出たので、要は早速縫合を始めた。
「小沢先生、やっぱり珍しいです…よね? 患者に噛み付かれたなんていうのは」
「んー。別にそう珍しい事じゃないんだけどね。病棟の看護師なんか、痙攣起こした患者さんによく噛まれるらしいよ。うちじゃ珍しいけど」
「やっぱり、あんまりしないミスなんですね…」
 要はがっくり肩を落とした。
「いや、別にミスじゃないから。それでも、一般的にショックから心室細動、それに伴う痙攣っていうのは、割合起こりやすい症状ではあるから、頭に留めておくといいと思うよ。
 ただ、まぁ…今日の遠藤ちゃんは、何か集中力が落ちてた気がするけどねぇ。連勤続いてたから、疲れちゃったかな?」
 小沢に、集中力の低下を指摘された。
「すみませんでした」
 結局、気持ちを切り替えられたつもりだったのが、切り替えきれていなかったのだ。
 だから、知識の上では繋がっているものが、全く活用出来なかった。
「それにしても、"除細動掛けてくれ"ってな、スゴかったねぇ、遠藤ちゃん」
 要が縫合している様子を、小沢が目の前で興味深げな顔で眺めていた。
「え…!? あ、恥ずかしくなるので、言わんで下さい。あの瞬間は、頭が真っ白で他に思い付かなかったんすよ。」
「いやいや、大した新人もいたもんだと思ってなー。あの七海ちゃんをビビらした研修医なんて、初めて見たわ、俺」
 小沢がにやにや笑っている。
「別に…ビビらしたかった訳じゃないんすけど」
 要は、面白くない、という顔で小沢を睨んだ。
「まぁまぁまぁ。いやー、今日は珍しいモン見たなぁ。
 ここ、大丈夫そうだし、俺機器類の片付け終わったら後ろに引っ込んでるからね。何かあったら呼んで」
 果てしなく暢気な口調でそういうと、麻酔医の小沢は救急カートとME機器の後片付けを始める。
 いつの間にやら、オペ看の田島や、七海の姿もなくなっている。
 とりあえず患者は生命の危機から脱し、ERの空気は急速にクールダウンしていった。


前編ヘ戻ル before /  next 次頁へ進ム

+++ 目 次 +++

PAGE TOP▲

+++ 目次 +++ 

    本編
  1. 嘘の周波数
    scene.1
    scene.2
    scene.3
    scene.4-1
    scene.4-2
    scene.4-3
    scene.5
    scene.6
  2. Ancient times
    夏祭り SS
  3. 抗体反応
    After&sweet cakes SS
  4. 依存症 [連載中]
    番外編
  1. 真実の位相
  2. 二重螺旋
    企画短編
  1. 50000Hit記念
    Stalemate!? SS

拍手してみる。